医療法人設立支援
医療法人設立支援
既に開業されている方

医療法人の設立
個人での診療所の業績が順調に推移してきましたら、医療法人の設立を検討されたらいかがでしょうか。個人から医療法人に経営主体が移り、下記のようなメリット・デメリットが考えられます。手続きにつきましては当方でご支援させていただきます。

 


  メリット


  デメリット

@税負担軽減 ・個人に比べ法人の方が
   
税率が低い ・給与所得控除による軽
 減

@院長個人の可処分所得は減少

A役員報酬による所得の分配での税負  
 担軽減

A均等割の増加

B社会保険診療報酬基金からの払込み
   
について源泉徴収がなくなる

B接待交際費などの損金算入の制限

C役員退職金を受取ることができる

C法人解散時の残余財産は国庫帰属

D法人契約の保険について損金算入の可能性

D医療法人についての手続き負担(登記、都道府県への届出)

E分院、老人保健施設、附帯業務など 業務展開が可能

E従業員等の厚生年金強制加入

F相続、事業承継の簡便化

F小規模企業共済・国民年金基金の解 
 約

G事業と家計の区分の明確化

G行官庁による指導・監督の強化

 

 

 

 

 



お問合せ
福田哲也税理士事務所
514-0035
三重県津市西丸之内7-23
中京ビル3階
TEL:059-221-0766
FAX:059-221-0767
メールでのお問合せ